Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
女性編集者が、本の帯の紹介をするブログです。
Profile
Comment
Archive
紹介した本たち
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
「考えよ!――なぜ日本人はリスクを冒さないのか? 」
イビチャ・オシム
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 760
(2010-04-10)

  「名将の南アW杯予想的中!
    岡田ジャパン 勝利の理由」


  
  本の帯は、増刷のタイミングで作り直すことができます。

  だから、売り上げが多くなった本には、「○○万部突破!」とか、
  映画が決まった本には、「○○主演 映画化決定!」など、タイムリーな情報を 
  伝えることができる、という大きなメリットがあります。

  この、オシムさんの「考えよ!」という本は、W杯のビフォー・アフターによって
  帯の内容を変えた絶妙な例です。

  岡田ジャパンが一次予選を突破し、ベスト16という結果を残した今、
  「ほぉら、オシムさんの予想が当たったでしょ!」
  と、勝ち誇るようなこの帯。


  結果が出た今だからこそ、彼がどのような予想をしていたのか?
  本当に「勝利の理由」が書いてあるのか、読んでみたくなる本ですね。




  ちなみに・・・

  W杯が始まる前の帯は、こんな言葉でした。

オシム過去の帯


  「南アW杯の戦い方を伝授
         ジャパンに告ぐ!」


  どうですか?
  こうやって比較してみると面白いですね。


  実は私、高校時代にサッカー部のマネージャーをやっていたくらいにサッカー好きでして
  前回のドイツW杯には、ドイツまで行ってブラジル戦を生で観てきました♪
  
  編集者として、一度はサッカー関連の本を書くことが夢です。 


  JUGEMテーマ:気になる本

  ランキングに参加しています!
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

| 帯の紹介 | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









Material by Night on the Planet
Template by NoIndex